北陸新幹線開通に湧く北陸エリア。その礎を気づいたのはあのパワハラ武将!?

北陸の父は実は前田利家ではなく、彼が恐れつつ兄として慕ったあの鬼武将。

 

柴田家紋

 

 

今年2015年は、念願の北陸新幹線が開通し、東京から金沢まで2時間28分、富山からは約2時間となりました。

日帰りでお寿司を食べに金沢へふらり。そんなことが現実にできる時代になりましたね。

北陸といえば、どうしても豪華絢爛な金沢や黒部ダムを有する富山に注目が集まり、その基礎は前田利家をはじめとする前田一族にあると連想する方が多いのではないでしょうか?

歴史的にみると、実は、前田利家よりも先に、この北陸の地を統治するために戦った武将がいます。

続きを読むには有料会員登録が必要です。
新規会員登録はこちら