【noiサプリメント】栄養素のお話⑤ ビタミンB6

ビタミンB6 化学名 ピリドキシン pyridoxine

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
今日はビタミンB群を構成する一つビタミンB6のお話です。
 

ビタミンB6とは      

ビタミンB6は、ビタミンの一種です。食べ物に含まれるたんぱく質を分解して、人間の体を作る「酵素」を助ける働きがあります。
栄養素は基本的に食べ物から摂取する必要がありますが、人間の体内では、腸内細菌によりビタミンB6が作られています。
水に溶けやすい「水溶性ビタミン」なので、栄養素の損失に注意が必要です。水洗いの際は素早く洗いましょう。比較的熱に強く、調理中の損失は少ないです。
 
bananas-1326090
 
【ビタミンB6の働き】
・肉や魚などのたんぱく質を食べた時、人はそのまま取り込めません。人体のためのたんぱく質に作り替え、取り込みます。たんぱく質に作り替えるのが「酵素」で、ビタミンB6は「酵素」の働きを助けます。皮膚や髪、歯などの健康維持に役立っています。
・肝臓に脂肪が溜まるのを、防ぎます。
・脳の神経細胞間で情報の受け渡しをしているのが、神経伝達物質といいます。ビタミンB6は、アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質を作るのに必要です。
 
【ビタミンB6が不足すると】
通常の食事で欠乏することはないので、不足の心配はありませんが、下記の症状に注意が必要です。
・貧血
・口内炎
・脂肪肝(肝臓に、脂肪が多く溜まった状態)
 
【ビタミンB6はどんな食品に入ってる?】
野菜                 レバー
果物(バナナなど)          肉(鶏ひき肉、ささ身など) 
魚(まぐろ、カツオ、サケ、サンマなど)
 
【ビタミンB6はこんな人におすすめ】
・たんぱく質を多く摂る人 
・お酒をよく飲む人 
(お酒をよく飲む人は、脂肪肝を防ぐためにビタミンB6の多い食品を摂ると良いでしょう)

・PMS(月経前症候群) 
(ビタミンB6は、症状を和らげる効果があると言われています)

・つわりがある人
(つわりを引き起こす原因に、ビタミンB6不足があります)
 
【ビタミンB6を摂りすぎると?】
・必要を上回る量を摂ると汗や尿として体の外に排出されるため、過剰摂取の心配はありません。一度にたくさん摂っても、体の中に貯えることができないので、毎日摂ることが重要です。
 
【ビタミンB6のマメ知識】
・ビタミンB6が体内で働くには、ビタミンB2が必要です。ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6は働かなくなります。
・ジムに通ったり、ランニングや激しい運動をする人の中には、たんぱく質食品を多く摂ったり、市販のプロテインを利用する人もいると思います。たんぱく質を多く摂ると、ビタミンB6の必要な量も増えるため、ビタミンB6を多く摂らなければなりません。
 
 
参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.98~103
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.90~91