【noiサプリメント】栄養素のお話⑪ 水溶性ビタミンについて

水溶性ビタミン

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
水溶性ビタミンってご存知ですか?
 

水溶性ビタミンとは      

ビタミンは大きく分けて「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」に分けられます。水溶性ビタミンは水に溶けやすく、油には溶けにくいビタミンで、ビタミンB群(ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチン)とビタミンCがあります。
 
healthy-lunch-1322367(1)
 
脂溶性ビタミンは多く摂りすぎると体内に蓄積され、体に症状が見られますが、水溶性ビタミンは、症状が出ることは少ないです。多く摂りすぎた場合は、体内に残らず尿中に排泄されることが多いためです。そのため、毎日食べ物から摂る必要があります。しかし、まったく症状が見られないわけではないので、摂りすぎは問題となります。

 
 
参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.76
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.74