【noiサプリメント】栄養素のお話㊲ アミノ酸について

アミノ酸

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
今日はアミノ酸についてお話しますね
 

アミノ酸とは      

アミノ酸は、窒素を含む化合物で、たんぱく質を構成する基本的な物質です。地球上の生物の体を構成するアミノ酸の種類は、わずか20種類です。この20種類のアミノ酸がどれだけ、どのように結合するかによって様々なたんぱく質が作り出されます。必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれます。
 
ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_l
 
【アミノ酸を摂りすぎると?】
・特定のアミノ酸を摂りすぎると、免疫力の低下や体重減少、肝機能障害などを招くと言われています。
 
【アミノ酸のマメ知識】
・ヒトの体を作るたんぱく質と動植物を作るたんぱく質は、材料となるアミノ酸は同じです。その配列が異なります。私たちが摂取した食品のたんぱく質は、消化・吸収の過程でアミノ酸に分解されます。分解されたアミノ酸は、体内で再びヒトに必要なたんぱく質に合成されます。魚を食べたからと言って、魚になることはないのです。

 
 
参考文献
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.72~73
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.26~27