【noiサプリメント】栄養素のお話㊶ リジンについて

リジン

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
今日はリジンについてお話しますね。
 

リジンとは      

リジンとはアミノ酸の一種で、ヒトの生体内で必要な量を合成する事の出来ない必須アミノ酸に分類されます。ブドウ糖の代謝を良くして集中力を高めることや、カルシウムなどの吸収を促進するほか、肝臓機能の強化などの効果が確認されています。
 
cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_l
 
【リジンの働き】
・疲労回復効果、集中力を高める効果
・アルコール摂取などで弱った肝臓の機能を高める働きがあります。
・単純疱疹(ヘルペス)を予防・改善する効果があります。
・血圧を降下させ、脳卒中発症率を低下させる作用があるとされています。
・髪の健康を保つ効果(薄毛、抜け毛など)
 
【リジンが不足すると】
・疲れやすくなり集中力が低下することがあります。
・目の充血やめまい、吐き気、貧血の症状が現れることがあります。
・肝臓の機能が低下し、血中の飽和脂肪やコレステロールが増加しやすくなります。
 
【リジンが良く含まれている食品】
・肉類(鶏肉など)
・魚介類
・乳製品(牛乳、チーズなど)
・大豆製品(納豆や豆腐など
 
【リジンはこんな人におすすめ】
・疲れやすい方
・骨を丈夫にしたい方
・貧血気味の方
 
【リジンを摂りすぎると?】
・通常の食生活であれば、リジン単体で多く摂りすぎる心配はありません。サプリメントでアミノ酸の摂取を行なっている場合は、リジン単体で多く摂りすぎやすく、腎機能障害を引き起こす恐れがあります。
 
【リジンのマメ知識】
・米や小麦、とうもろこしなどの穀類たんぱく質では、リジンは特に不足しています。そのため穀物を主体とした一般的な家畜用飼料は、リジン等が添加されています。
 
 
参考文献
「リジン」 わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/lysin/ (2015-07-31参照)