【noiサプリメント】栄養素のお話62 マリアアザミ(ミルクシスル)について

マリアアザミ(ミルクシスル)

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
お酒大好きな方たちから大人気の成分、マリアアザミ(ミルクシスル)についてお話ししますね。
 

マリアアザミ(ミルクシスル)とは      

マリアアザミ(ミルクシスル)は、ハーブの一種です。オオアザミとも呼ばれ、葉の模様とその効果から「聖母マリアから授かったハーブ」として名づけられたという逸話があります。成分はシリマリンで、古くから世界中で肝臓・肝障害のメディカルハーブとして研究されています。
 
img_milk-thistle_01
 
【マリアアザミ(ミルクシスル)の働き】
マリアアザミ(ミルクシスル)の抽出物「シリマリン」は肝臓保護物質として知られ、肝臓のタンパク質合成に関与し、肝臓の修復や再生を促すという研究結果が多数わかっています。
・障害を受けた肝細胞の修復
・肝臓でのコレステロール産生に関与
・抗酸化作用
 
【マリアアザミ(ミルクシスル)はこんな人におすすめ】
・お酒を飲む方
・二日酔いに悩まされる方
・肝臓が疲れている、肝臓の数値が高い方
 
【マリアアザミ(ミルクシスル)の注意点】
他のサプリメントや婦人科系の医薬品などと併用する際は、まずお医者さんに相談してください。
 
【マリアアザミ(ミルクシスル)のマメ知識】
一口にマリアアザミ(ミルクシスル)といってもいくつか種類があり、成分のシリマリン含有量によって金額が大きく異なります。よくパッケージに(シリマリン含有量80%)というように書かれていますので注意して見てください。
 
 
参考文献
◎http://www.1ginzaclinic.com/milk_thistle/milk_thistle.html
◎サプリメント辞典 第3版 蒲原聖可 2010年