【noiサプリメント】栄養素のお話67 オリゴ糖

オリゴ糖

 
こんにちは!
管理栄養士のI♡です。
 
オリゴ糖についてお話しますね。
 

オリゴ糖とは      

オリゴ糖とは、いくつかの単糖がつながった糖質の一種です。腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあることから、腸内環境を整える効果があることで知られています。血糖値や中性脂肪を上げにくい、また虫歯の原因にもなりにくいなどの特徴があります。
 
f2_oligosaccharide
 
【オリゴ糖の働き】
・腸内環境を整える効果があります。
オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、それらの増殖を促進することで腸内環境を整える効果が知られています。オリゴ糖は特定保健用食品として認可され、甘味料やシロップのほか、ヨーグルトや飲料などに添加され、特定保健用食品(トクホ)の印がつけられているものもあります。
・便秘を改善する効果があります。
オリゴ糖は胃や小腸で消化・吸収されにくい栄養素のため、食物繊維と同様に腸内の不要物質を吸着し、体外に排出する働きがあります。そのため、溜まった便も外に出す効果があるので便秘改善にも効果が期待できます。
・美肌効果があります。
腸内の環境が悪くなると、老廃物が溜まり、悪玉菌が増殖し毒素を出します。この毒素こそが、肌荒れの原因と考えられています。毒素は肌の新陳代謝を衰えさせ、活性酸素を発生させます。それにより、ニキビができたり、シミ・しわができたりと肌荒れを促進します。また、体内に毒素が溜まることで、血流が悪くなり肌の老化を促進します。オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、悪玉菌の増殖を抑える効果があるため間接的に肌荒れを防ぐ効果があります。
・動脈硬化を予防する効果があります。
オリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えると、血中の善玉(HDL)コレステロールが増えるといわれています。善玉コレステロールが増えることで、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を低下させるため、動脈硬化の予防にも効果があるとして期待されています。
・ミネラルの吸収を促進する効果があります。
オリゴ糖を摂取することによって、カルシウムなどのミネラルが吸収されやすくなることがわかっています。
 
【オリゴ糖が良く含まれている食品】
・にんにく
・大豆
・ごぼう
・はちみつ
・味噌
・醤油
 
【オリゴ糖はこんな人におすすめ】
・腸内環境を整えたい方
・便秘でお悩みの方
・肌荒れでお悩みの方
・コレステロール値が気になる方
・糖尿病の方
・虫歯になりやすい方
 
【オリゴ糖のマメ知識】
オリゴ糖は、糖質であるにも関わらず、虫歯の原因になりにくい糖質として注目されています。
虫歯の原因菌であるミュータンスは、糖質を栄養分として酸を出します。この酸が歯の表面を溶かします。これが虫歯といわれるものです。
オリゴ糖は、糖質でありながら虫歯の原因菌ミュータンスが、栄養分としてほとんど利用することができない成分です。そのため、虫歯の原因になりにくいとして、お菓子や健康食品などに使用されています。
 
 
参考文献
◎「オリゴ糖」わかさの秘密
 http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/oligosaccharide/ (2015-12-01参照)