男性は冷え性にならないの? 冷え性の基礎知識

こんにちは! AHA健康マニアのザキヤマです。

寒すぎるほどエアコンの効いた電車、冷房が寒いオフィス。夏でも寒い現代、冷え性に悩む人が増えています。今回は、冷え性についてのお話です。

 

hiesyo-seibun

女性に多いと言われている悩み、冷え性。その正体は、一種の血行不良です。胴体や手足中心部ではなく、指、耳たぶ、足先といった末梢血管に血が通わないことです。実際に冷えているのではなく、血や神経伝達物質が通わないことで、「冷えを感じている」状態。これが、冷え性の正体です。

 

 

■冷え性の原因

・栄養欠乏
偏った食生活、過度のダイエットによる特定の栄養素の欠乏、ミネラル不足などが原因で、身体の循環能力が低下します。

・自律神経の乱れ
ストレスや上記の栄養失調が原因で、自律神経の乱れに繋がります。自律神経は、体温を調節したり、心拍数を上げたりと体の中で様々な働きをしますが、この自律神経が何らかの原因でバランスを崩すことにより、末梢まで血が通わなくなり、さまざまな弊害をもたらします。

 

■冷え性にオススメの成分


冷え性は物理的に身体を温めることも大切ですが、「冷えていると感じている状態」を改善するために、体の中からも温めることが大切です。例えば、風邪薬にも含まれているヒハツやチンピといった漢方の成分は、血圧や心拍数はそのまま、血流量を増加させて末梢まで血液を運びます。これにより、冷え性を改善すると言われています。他にも、生姜やネギといった薬味系の植物は、ピリピリとする主成分で身体の代謝を促し、めぐりをよくすると言われています。
飲むだけでなく、ちょっとした運動やストレッチでも即効性はあります。また、冷え性の人は首周りが冷えていることが多いので、夏も冬もストールやマフラーなどを活用して、首が冷えないように意識してみてください。

 

冷え性豆知識

■男性は冷え性にならないの?

冷え性と言えば昔から女性がなりやすいもの、という考えでしたが、現代では男性の冷え性も増えているようです。脂肪の多い女性の身体に比べ男性は血流量の多い筋肉質の体であり、末梢まで血が通わない、ということは少ないことでした。しかし現代は、夏でも冷えすぎるエアコン、温冷の差が激しい空調、PCやスマホの使用で同じ姿勢を取り続けるなど、身体の負担が原因で、自律神経に変調をきたし、冷え性になる男性が増えているようです。しかも男性の場合、自分が冷え性になっているということを自覚できず、何となく身体の感覚が辛い、痛い、という程度にしか認識しないことが多く、冷え性を通り越して、腰痛や各種症状が悪化してから病院に駆け込むという例も多いようです。

 

参考資料:noi サプリメント 金時生姜・冷え性
http://cp.noi-noi.jp/cp/kintoki/