<人の行動を表す言葉シリーズ>酔っぱらいに見られる「あの現象」の由来は何?

我々日本人が幼い頃より当たり前と思って使っている数々の言葉。

日本語を学ぶ外国人からすると、非常に理解が難しい表現が多いそうです。

また、そういう言葉の正確な漢字や語源などは日本人でもあまり知られてはいないのではないでしょうか?

このシリーズではそうした謎を簡潔に解明していきます。

アナタは大丈夫!?

酔っぱらうと話がダラダラ長くなることを「くだを巻く」というのは、一体なぜ?

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_bear-thumb-autox1000-12584 (1)

 

酔っぱらいが、くだらないことやつまらないこと、愚痴や不平不満を繰り返していうことを「くだを巻く」と言います。

では、酔っ払いが巻く「くだ」とはいったい何なのでしょうか?

 

この「くだ」は「管」と書き、もともと機はた織おりのときに使う道具のことです。

機織りでは、これに糸を巻いてゆ くのですが、そのときに出る音が単調で、あまり変 化がなかったことから、酔っ払いのくどい話もそれ に似ているということで「くだを巻く」というよう になったのです。

 

いかがでしたでしょうか?

実は、日本語には意外と知らない「ああ!そうか!」が隠れています。

今後もたくさんの「なるほどですね」をこまめにお伝えしていきます。