<日本全国地名の謎> あの「毛」はどこへ消えた!? 地名が教える歴史と地形

なんと、これが法律!!地名には、好きな「文字」を使う。

 

a0002_005843

 

その昔、日本には、「地名には好い字を使え」という法律があったと言います。

ですが、すとんと落ち着くものもあれば、少々無理をしたものもあるようです。

 

大切な「毛」はどこへ消えた・・・

 

たとえば現在の群馬県・栃木県にあたる上野(こうずけ)・下野 (しもつけ)。

この地はもともとは、毛野国(けのくに・けぬのくに) というひとつの国でしたが、後に上毛野国(カミツケヌノクニ)・ 下毛野国(シモツケヌノクニ)と分かれました。

これを二字化する時に、それぞれ「毛」 の字を取ってしまったのです。

やがて、残った野にあたる「ヌ」の音も消えて、知らなければ読めない地名となってしまいました。

毛の国なのに、なぜ毛を抜いてしまったのかは不明です。

大切な毛なのに・・・。

 

余談ですが、薄毛が気になったら、試してみてくださいね。

+++++++++++++++

昆布は髪の毛に良い!は都市伝説ではなく、しっかりとした裏付けがあった。

ただし、その「部位」にはこだわって!

http://cp.noi-noi.jp/cp/ganiasi/